アカギホームページ制作 横浜・川崎 格安・激安の制作会社

神奈川県横浜市のホームページ制作会社です。
ホームページに関するお困りごともご相談ください。

トップ > ホームページ制作の悩み > ホームページにフラッシュ(FLASH)を入れたいという依頼

ホームページにフラッシュ(FLASH)を入れたいという依頼

「ホームページにフラッシュを入れたい」という依頼は10年~5年前までは多くあった依頼のひとつです。 「トップページの目立つところに大きめのフラッシュを入れて、当社の強みをうまく演出するような動画を入れたい」こういったお客様の要望がたくさんありました。

ホームページ制作業者はそれに応えていたわけですが、現在はこの依頼に対してお断りして、代案を出す業者がほとんどです。

お分かりの方もいるかもしれませんが、フラッシュは近い将来、消えていくものだからです。

ホームページにフラッシュ(FLASH)を入れたいという依頼 通常、iPhone(iPad)では、フラッシュ(FLASH)を表示(再生・視聴)することはできません。 もし、現在、WEBサイトのトップページなどに大きなフラッシュで見せているところは、iPhoneで見た場合、その部分が空白で表示されてしまいます。

アンドロイドでは、このFLASHの部分が正しく見える場合と見えない場合があります。

また、現在、ホームページを見る人の半分近くはスマホかタブレットで閲覧しているといわれているため、 10人のうち4~5人は、そのフラッシュを使ったホームページを正しく見ることができないわけです。 現在はこういった、わかりやすい理由があるので、ホームページ制作側は「フラッシュを使わないほうがいい」と、ご依頼者側には説明しています。

フラッシュを使わないでホームページを作りましょう

ただし、フラッシュが全盛期だった時代でも、ホームページ制作業者は、フラッシュを入れたいという依頼に対してジレンマを感じていました。

トップページに小さなフラッシュを入れるだけならいいのですが、トップページのほぼ大部分をフラッシュにしたいという依頼に対しては、 (ホームページ制作業者にもよりますが)お断りして、代案を出す業者も多かったです。

なぜなら、フラッシュにすると、そのホームページのSEO対策が弱くなってしまうからです。

フラッシュを使わないでホームページを作りましょう SEOというのは、ホームページに記載されている文章で決まってくるものです。 きれいなデザインではないページでも、検索エンジンを利用する人にとって有益な情報が多く載っているページのほうが、 上位に表示されるようになっています。 そのため、画像と文字で構成されているページのほうが、SEOで有利なのです。

フラッシュについてではなく、色々な場面で依頼者側とホームページ制作側では意識のズレがあります。 つまり、お客さんから「FLASHでホームページを作りたい」という依頼を受けても

「FLASHでホームページを作ると、SEOで弱くなってしまうので、別の案で作成しましょう」

と伝える業者が良い業者だといえます。

フラッシュでページ作ると業者が儲かっていた時代も

ちなみに、FLASHでホームページを制作すると、通常のホームページよりも料金を高くすることができました。

なぜなら、FLASHを作るにはそれ相応の手間がかかるため「FLASH作成料」として、通常料金に30万~50万(なかにはもっと高額な金額も)ほど上乗せすることができるからです。

とにかく利益を追求する業者は、お客様の目線では考えず、自らの利益のため、FLASHで作成していたこともあったようです。

お客様の立場にならず、とにかく豪華なホームページを作成して、お金をより多くもらう。

この図式は、いまでも変わらず存在しています。

FLASHこそ、いまではなくなりつつありますが、余計なオプションをつけて、高い料金を設定してホームページをリースで支払わせたりする業者もいるようです。

自己満足で終わらないホームページ作りを

ホームページを制作するうえで大切なことのひとつは、訪問者の視点で、つくることです。 自分が作りたいホームページをイメージしつつも、訪問者にとって見やすいページであるかも意識する必要があります。 ホームページに訪問してくれたのに、FLASH部分が表示されなくては、訪問者にとって不便なページです。

FLASHを使って、ビジュアルで魅せるホームページを作りたい。

文字を小さくして、クールな印象のホームページを作りたい。

この会社のようなきれいな画像を、大きく魅せて作りたい。

など、デザイン重視にするよりも、文字と画像の組み合わせのシンプルなホームページのほうが 訪問者(お客様)にとって使いやすいホームページであることのほうが多いのが現状です。 結局、それが「売れる・集客力」のあるホームページとなります。

関連ページ

ホームページに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください